So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカの放棄した役割を日本が担う時代 [政治]

 アメリカが一国優先主義と孤立化の路を選んだ結果、世界は流動化し、かつての帝国主義の地層が見えてきた。武力によって領土領海を増やし、保護主義的な経済政策を取り出す世界情勢である。中国のような国はそれこそ海洋進出のスピードを速め、他国への侵略を露骨に進める可能性がある。日本はこれまでアメリカの盾に隠れてそれこそ「一国平和主義」でいられたがその盾を失いつつある。だが日本は戦後自由と民主主義の享受で復興を成し遂げた。筆者はその選択は間違ってはいないと思う。だがアメリカが超大国の座を降りた今弱肉強食の国際情勢になる可能性がある中でどのような選択肢が残っているのか?アメリカが放棄した枠割りを日本が担うということだ。自由と民主主の弧のDoctrineを再び掲げることだ。21世紀は軍事力で領土を奪うような状況は作らせない。そう日本は決意すべきだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る