So-net無料ブログ作成

日韓がタブーにする半島の歴史 [書評]


日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)

  • 作者: 室谷 克実
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 新書


 帰りに駅前の書店で購入。倭国出身?の脱解という男が紀元前後に存在し、新羅の四代国王になったということを知った。その子孫も国王を務めたという。日本の歴史教科書には載っていないし、教師も教えてくれなかった。日韓の歴史学者の会議では脱解についてはどのように話されたのであろうか。日韓の歴史教科書の会合では韓国側がナショナリズムを前面に押し立て、学術的な話がしづらいということを聞く。しかしこうした三国史記に記されている人間を、しかも波乱に富んだと思われる人生を持つ人物をフィーチャーすれば日韓の溝もうまるのではないか。朝鮮半島や日本にはそのころからそれぞれぞれの民族の居留地はあっただろうし、倭国には中国人の居留地もあったはずである。現代の価値観やナショナリズムで歴史をみるだけではあまりにも乏しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0