So-net無料ブログ作成

報道ステーションSUNDAYのセットはどうみても夜のセット [テレビ番組]

 報道ステーションSUNDAYがスタートして2回目が放送された。前回はこの番組がサンデーフロンティア同様、コストカットばかりに目が行き、肝心の番組内容がおろそかではないかと指摘した。しかし今の時代コストカットは趨勢。百歩譲って同情すべきところもある。しかしどうしても違和感を覚えるのが番組のセットだ。このセットどうみても夜のセットなのである。月~金の報道ステーションの使い回しだから仕方がないといえばそうなのだが、番組のエネルギーがどうもそがれる印象を持つ。普通は時間帯や曜日、そして視聴者層を想定して美術セットはデザインされると思う。土曜日の朝の関西キー局のスタジオセットが花だらけになるのは理由があるわけだ。TBSの時事放談の美術セットは白洲正子の武相荘の朝を想起させるし、窓から見える背景は京都の朝の嵐山からみえる山々の風景にも思える。

 そんな中での報道ステーションSUNDAYのセット。目くじらたててもしょうがないかという声もあろう。つまるところテレビ局に金が集まらなくなった結果の具象というべきなのかもしれない。図体だけでかくて稼ぎが少ない企業の歩む道とでもいうべきか。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0