So-net無料ブログ作成

民放のBSが面白い [ニュースコメント]

 年齢のせいか筆者は民放地上波のバラエティは殆ど視ない。こういうテーマでこういう演出で、キャストで視聴率がとれるといった計算が露骨に見えて興味を失ったのだが、同じ思いを持つ中高年は多いだろう。若年層はテレビを視なくなりつつあるので、地上波の視聴率は落ちるばかり。その対応に遅れ、未だに「トレンディ」な若者向けを追いかけてひどいことになってるのがフジテレビだ。(最近ようやく起動修正したかも)中高年は自然、BSに走る。産経の記事によるとBS民放の視聴率調査が紙アンケートから機械式になるという。民放はその数字を公表しないという。おそらく視力検査しかも近視に近い数字なので広告をとれないと判断してるからだろうか。視聴率はともかくBS民放の番組の質はよくなっていると思う。旅番組や歴史番組、美術番組はNHKよりずっとすぐれている番組もある。報道によるとNHKであろうが、民放であろうが実際のBSの番組は局の内製ではなく制作プロダクションが企画し制作しているという。BSの視聴率に左右されない環境が高質の番組を維持できるとしたら僥倖である。民放はBSの視聴率を公表すべきだ。0.1%の視聴率でも評判が良ければ繰り返し放送し動画配信すればいいではないか。一回こっきりの放送で成果が定まる時代ではないと思うが。再放送数、再生数で評価されるのがBSの評価の基準とすべきだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0