So-net無料ブログ作成

経済2019年が正念場か 2017年12月27日 [経済]

 今朝朝のラジオである経済評論家が2019年の日本経済が正念場だと言っていた。減速させる3つの出来事があるという。一つ目はは消費増税10%。二つ目は五輪のインフラ整備の終焉。三つ目は働き方改革による残業規制による収入減。確かに消費や景気を冷やす三つの氷塊が日本経済の進路を塞ぐ可能性がある。どうすれば避けられるか?これと逆のことをやってしまうことだ。かつての1964年のあとに1970年の万博を行ったように2025年に大阪に万博を誘致するのが、まあ誰でも考えることだろう。もうひとつは多くの企業に社員の副業を認めさせること。法的な整備も必要かも知れない。手っ取り早いのは増税をやめることである。重要なのはタイミングだ。万博開催に合わせて副業を支援する法制度と増税延期を一気に実施乃至は発表すること。それでも冷え切ったデフレ体質の日本経済が暖まるのはかなり難しいと思う。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。