So-net無料ブログ作成

”バラモン左翼” [政治]

 れいわ新撰組が保守層に食い込んでいるという。真偽は確かではないが、公式ホームページは綿密なマーケティングに裏打ちしたかのようなワーディングが並ぶ。与党は決して軽視できない存在と筆者は見ている。
 ピケティのコラムで「バラモン左翼」という言葉がある。エリート下した左翼という意味で、社会の中での最上級に位置している「左翼」というものだ。
 昨今の左翼支持者は医者や弁護士、大手企業のマスコミ、外資の企業に勤めるグループが多いとし、これがアメリカにあってはトランプ、フランスにあってはルペン、イギリスにあってはボリス・ジョンソンなのの台頭を許しているといったものだ。つまりは労働者や社会の下層の人々の支持を左翼は受けては居ないということ。
 れいわは保守だと指摘するひとがいる。筆者は違うと思う。しかしアメリカとの距離や米軍基地の撤退など反米保守には魅力的な言辞が並び、安倍支持に多い、消費税反対(リフレ派)気を引く施策が並ぶ。
 バラモン左翼に批判的で反米保守の受け皿になり得る可能性がある。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。