So-net無料ブログ作成

左翼の風は吹くのか? 2019年5月29日 [政治]

 衆参ダブル選挙?が迫ってきている。自民の支持率は40%越え。野党の支持率を全て足してもこれに及ばない。立民をはじめとする野党は民主下野後、党名を変えるなどして小手先のイメージロンダリングを行ったが、政策研究、敗因分析をしっかりと行わずに至っている。この結果アンチ安倍のメディアの支援はあるものの、例えば当初支持率が10%越えしていた立民は5%を切り、国民民主党にいたっては支持率が視力検査並みで名前すら覚えられていない。民主党時代に「国難」を経験した国民は下野後の7年の民主グループの政治に向かう姿勢を冷静に評価しているといえよう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

バラモン左翼と商人右翼 ピケティ論文 2019年5月28日 [政治]

 ピケティが世界に拡がる分断化とポピュリズム政治についての分析が話題だという。その中で彼が名付けた政治状況に「バラモン左翼と商人右翼」がある。従来の左翼勢力がインテリ化する一方で、労働者や低所得者の支持を得ていないこと、ビジネスエリートのさらなる右傾化ということだ。1%の富裕層はこれまで通りライト的政治思考だが、その下の10%?程度の富裕層は左翼傾向を持つ人々が多い。要するにこれまで左翼がすくいあげていた層は極右と左翼がレッテルを貼るポピュリズム的傾向の強い政治グループを支持していること。ピケティはトランプ登場やEU懐疑派やBrexit推進派の登場をこれで説明したいのだろうか。翻って日本。自民の圧倒的一強体制はそうなのかもしれない。若手に広がる安倍支持も。筆者は国民の望む野党像を今の野党が描けていないことにつきると考える。「まかせて不安」これが国民の多くが持つ野党像だ。こういう野党が出てくれないと日本の政治は閉塞する。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日米首脳会談 2019年5月28日 [政治]

 トランプ大統領が訪日中だ。宮中晩餐会、首脳会談、相撲観戦、ゴルフ会談を経て今日離日する。アンチ安倍グループの怨嗟がネットで拡散しているが、筆者は大成功だと思っている。北に拉致問題解決の強烈なプレッシャーとなり、米中対立の最中の護衛官かがの大統領乗船は中国の尖閣侵略阻止への牽制となった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

衆参ダブル選挙の争点とは? 2019年5月28日 [政治]

 国会ににわかに吹き始めた解散風。G20、そしてあわよくば日朝首脳会談を成功させての解散。安倍氏はそう考えてるのだろうか。一方において野党。就中立憲民主党はどう対応するのだろうか。いくつかの因子が考えられるだろう。ひとつは消費増税。もうひとつは憲法改正。先日の1-3期の実質GDPが年率2.1%だと報道で増税実行が今一歩近づいたという見方が広がっている。立民は消費増税に反対し、なおかつ憲法改正を争点にしようとするはずだ。しかし安倍氏が増税を延期し、憲法改正を争点に挙げようとしなければどうだろうか。だとすれば立民の戦術は瓦解する。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

保守の奢り 2019年5月15日 [政治]

 長年自ら保守を任じ、社会の片隅で生きてきたものにとって改憲の機運があることは喜ばしい。ただし筆者は戦後の民主主義もそれなりに評価している。三島由紀夫の「鼻をつまんで戦後を生きてきた」は理解できるが戦後に生まれたものはその空気が最初から存在し、呼吸して生きてきた。左翼(左翼と呼ばれたくない人々は「リベラル」という)のダブルスタンダードや近隣国家の軍事拡大路線の中で左翼の論理が形骸化したこともある。
 だがネットに散見する保守界隈の動画を見ると首をかしげることもある。同じ意見や方向性の中で議論する番組が多い。政治・経済の動画自体がそういう特質を持っていることはわかるが、議論が硬直化し中間層への呼びかけが薄くなっているようにも思う。筆者は左翼論壇の動画も見る。立場の違いこそあれそれは同じである。
 そんな中維新の若手議員が北方領土の問題で酔った勢いで不穏当な発言を行い党を除名処分となった。日本は北朝鮮ではない。ましてやウクライナを軍事侵略しているロシアでもない。保守の思考がぞんざいになっている。あのような愚かさを積み重ねれば、左翼の風がまた吹き出すのだ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本経済「脱中国」元年 2019年5月14日 [政治]

 アメリカが中国からの輸入製品のほぼ全てに25%の関税が課せられることになった。通商協議は計Z句しているもののライトハイザーと劉鶴の対立は根深い。去年から小欄で指摘していることだが、米中経済戦争は長期に及び、世界覇権の戦いであることを明確に認識し、対中経済政策を日本は根本的に転換し、「脱中国」に舵を切るべきである。犠牲を払ってもでもある。中国の経済拡大は軍事拡大と裏表一体。中国を「軍縮」させるには経済を弱体化させるしかないのである。アメリカはそれを知悉している。
 中国に進出していく日系企業は三万社。撤退を実施しTPP経済圏を強化していくべきだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース