So-net無料ブログ作成

香港デモは中共の終りの始まりなのか 2019年8月29日 [政治]

 香港デモの長期化は法案阻止から中共政権打倒へと性格を変えつつあるのではないか。習近平氏のプライドをかけた一帯一路会議が9月にある。そして国家建立70年を迎える国慶節の10月。これまでになんとか中共はデモを沈静化したいはずだ。しかし天安門事件と違いSNSが発達している今、世界中がmilitary force oppressionしないか注視している。もしそうなれば貿易戦争の米国は勿論、これまで距離が遠いことで中国の人権問題には見ぬ振りをしていたEUもなんらかの措置を取らざるを得ない。経済制裁が実行されればアメリカEUと二つの市場を失うことになる。外資も逃げるだろう。香港の動きを見てウィグル、チベット、南モンゴルも行動を起こす。国の内外から澎湃として民族自立の声、人権抑圧の中国を非難する声。これに揺るがされ中共の若い世代が動き出す。この推察は荒唐無稽だろうか。
 その場合日本はどう立ち向かえばいいのか。
nice!(2)  コメント(0) 

韓国の正邪観 2019年8月28日 [政治]

 韓国との軋轢の中で日本人が確認したのは韓国人の持つ「正しいか正しくないか」価値基準である。日韓の歴史学者が集まった会議で「それは事実と違う」と日本の学者が韓国の学者に重ねて追及するに逆上した韓国の学者が「韓国に愛はないのか!」と叫んだエピソードを今日本人全体が実感している。レザー照射、そして今回の輸出管理問題。特に輸出管理問題は韓国側が輸出三品目の管理状況のリストを提示すれば其れで済む話だ。日本はこれまで何度も要求してきたが拒否してきた。普通なら北朝鮮に直接あるいは第3国を通して横流ししているのではないかという疑惑を日本側が持つのは当然である。
 これに対し韓国の首相や外相はあくまで日本が徴用工問題で報復を意図した施策だと抗議する。徴用工問題で日本企業の資産が監禁された場合の報復は別途用意されている。
 これも韓国の正じゃ
nice!(0)  コメント(0) 

韓国が隠したいことは? 2019年8月27日 [政治]

 レーダー照射事件の際の韓国の反応。あの陰にうやむやにされていることがある。あそこで何がなされていたのかである。韓国は人道的救助と話していたが、そうならば救助された漁民を含めどんどんニュースを出していくはずだ。そして輸出管理問題。あのフッ化水素四十トンの行方である。この疑問に韓国は全く答えていない。仮にレーダー照射のあの現場でフッ化水素を「瀬取」させていたとしたら。日本政府はこの事実をあくまでも説明要求していくべきだ。
nice!(3)  コメント(0) 

韓国GSOMIA破棄〜日本を隠れ蓑に「離米」する韓国〜2019年8月23日 [政治]

 韓国がGSOMIA破棄を表明した。その事由は「日本政府が明確な根拠を提示しないで、日韓の信頼を毀損(きそん)して安保上の問題が発生した」というのである。ホワイト国から韓国を除くことによって、両国間の安保協力の関係に重大な変化を招いたこというのである。筆者は韓国が「反日」を隠れ蓑に韓国が「離米」をさらに一歩進めたと分析している。韓国は日本の対応を事由にして今後「北シフと」「中国シフト」を加速する可能性が高い。日米は韓国のこれからの対応を連携して分析すべきだろう。韓国のアキレス腱は経済だ。日米が協力して経済制裁などの用意を進めるべきだ。アメリカは関税、日本は金融などのカードを行使も可能性に入れるべきだろう。
nice!(2)  コメント(0) 

N国、泡沫政党の新しい党のスタイル 2019年8月21日 [政治]

 「N国ってどう?」て周りの人に質問する否定的なのは所得が高く高学歴の人々、そして肯定的なのは低所得者で低学歴、いわゆる日が当たらない階層の人々が多かった。さらにひとつ、日頃投票所に行かない若い人々。こういうのも何人かいた。否定的な人々は「こういう党に投票する人がわからない。自分の周りにも投票する人はいない」という。
 しかしYoutubeで毎日告発型配信を繰り返し、カメラを回して突撃取材を行う。これは新しい。N国の主張については正直わからない。しかしこれまでの岩盤を叩きに出ている。その勇気は評価したい。
nice!(2)  コメント(0) 

KOREA 2045 韓国の100年マラソン 2019年8月16日 [政治]

 今年の光復節における文在寅の演説。日本のメディアは抑制的という報道が殆どだが筆者は違う受け止め方をした。「これは韓国の”100年マラソン”だな」と。これでピンとくる人は東アジア情勢に詳しいと思う。ピルズベリーの中国の100年マラソンである。中華人民共和国建国から100年経った2049年に中国はパックスオブアメリカーナを終演させ、政治的にも軍事的にも経済的にも世界の覇権を握るという国家目標を掲げていると元パンダハガーのピルズベリーが記した『CHINA2049』を意識しているのである。中国を韓国(統一朝鮮)そして米国を日本に置き換えてみよ。抑制的どころか日本に挑戦状を叩きつけているに等しい。抑制的とは180度違う。日本のメディアの浅薄さを思う。
nice!(2)  コメント(0) 

朝日新聞と平和  2019年8月13日 [政治]

 先日ある図書館で戦前の朝日新聞を2時間かけて読んだ。フィルムに収められた新聞の内容はこれがあの朝日新聞かというもので。戦争を鼓舞し皇道邁進の旗振り役そのものだった。今NHKで大河ドラマ『韋駄天』が放送中だが主人公の朝日の記者はは日本スポーツの礎を作ったと褒めそやしているが、どうなのだろうか。この朝日のナショナリズム鼓舞にうなされて世論が舞い上がり結果日本は戦争に踏み切ったもいえる。当時はインターネットはない。新聞報道は世論を形成する主役だった。
 その朝日は戦後一転旗を「平和」に持ち替えてあの安保を始め戦後の左翼陣営に確固たる地位を占めている。しかしかつて唱道した非武装中立から九条擁護は中露(ソ)北が核兵器の照準を日本に向けている中で、国連の二つの安保理事国が日本の北方領土を占領し、尖閣を占領しようとしている状況下では戦争(しかけられる)道を作ってきたのではないかと考えている。戦前も戦後も朝日の言うことを聞いてると国民は戦争に巻き込まれる。筆者はそう思っている。
nice!(3)  コメント(0) 

表現の自由におけるダブルスタンダード 2019年8月12日 [政治]

 名古屋のトリエンナーレの「表現の不自由展」が議論を呼んでいる。注目したいのは世論が一番の問題としている昭和天皇の写真を燃やしその灰を踏みつける展示の映像をテレビは紹介せず「少女像」などの展示としている点だ。聖書やコーランを焼く展示をバチカンで、メッカで行うだろうか?中止されたことを批判するメディアは「何」を展示していたかをしっかりと伝えるべき所伝えていない。これは「報道の不自由」だと考える。
 一方で左翼陣営も保守思想家の講演活動を妨害している。このへんのタブルスタンダードを国民はネットなどの情報で把握している。自分たちと立場を異なる展示や講演を廃止に追い込み、一方で自分たちの講演や展示が攻撃されたときは「表現の自由」を喧伝する。この展示について会田誠が指摘していることに筆者も同意だ。
nice!(2)  コメント(0) 

対韓でルールを変えた日本 2019年8月10日 [政治]

 今回の「輸出管理」の強化で韓国は様々な方法で事態を変えようとした。
①日本政府に対する猛抗議
②国民世論に訴え、反日活動の煽動
③議員外交
④国際世論に訴え
⑤米政府に日本の非道を訴える
 これまで韓国が日本との対決姿勢で取ってきた戦術だ。これまでだと日本は姿勢を改め、「折れた」。
しかし今回はそうではなかった。韓国政府と韓国民はその事実とその事の意味が未だ理解できていないようだ。ある意味日韓関係は普通の二国間の関係になったといっていいだろう。韓国がその事を気づくことはあるか。気づいているはずだが、認められないだろう。
nice!(2)  コメント(0) 

日米のセキュリティの情報共有化を強化せよ 2019年8月8日 [政治]

 本日は北京オリンピックが開催された日だ。2008年のことだが爾来11年。中国の存在感は軍事的にも経済的にも遥かに重みを増している。重み=安保の危機感であるが。
 中国と韓国、そして北朝鮮。世論戦をこの三国は日本にしかけているのは自明だが、筆者は日米のセキュリティの情報と分析の共有化を要望したい。ムン政権が日本をスケープゴートもしくはイカ墨にして南北統一のステージを上げようとしている。
 今こそ冷静な立ち位置で中韓の動きを分析すべきだ。
 
nice!(2)  コメント(0) 

万犬噓に吠える 〜韓国の対応〜 2019年8月7日 [政治]

 1980年代日韓の間に教科書問題が出来したとき、その後の調査から「侵攻」から「進出」に書き換えさせたとされる報道がフェイクニュースと判明したときにオピニオン誌でその報道検証を記事が掲載されたときのタイトルである。そのタイトルは日本の輸出管理に対しての韓国の反応にも当て嵌まる。
nice!(2)  コメント(0) 

輸出管理の影響は限定的 2019年8月4日 [政治]

 韓国がホワイトリストに入るための調整を行っていた細川中部大学教授(元通産官僚)が「影響はほとんどない」とBSニュース番組でコメントしている。結論を言えば日本企業側の努力があれば包括的に処理できるというのである。細川氏の話を聞くだになにゆえ韓国があれほど逆上したような反応を示すのか、それが疑問に思ってきた。ハーグ密使事件を彷彿させる。
nice!(2)  コメント(0) 

れいわは立民・共産、N国は自民を食う〜次期衆院選〜 2019年8月3日 [政治]

 N国が先週メディアの注目を浴びた。立花代表が電光石火丸山氏を入党させ、渡辺氏と連携する工作に成功した。泡沫候補と軽く見ていたメディアは瞠目し紙面や番組で大きく取り上げた。一方でれいわは次期衆院選に100人の立候補者を出馬させると宣言し、政権奪取の目標を山本代表が掲げた。
 右と左のポピュリズム政党と大半のオールドメディアは指摘しているが果たしてそれだけでこれらの政党を説明できるとは到底思えない。立花代表は「ポピュリズム政党」だと指摘されて「当然です。大衆に「迎合」するのが民主主義の政治ではないか」と切り替えした。
 さてこの二つの政党は従来投票しない若い世代の投票行動を動かしているとされる。若い世代である。れいわは障害者の掘り起こしもあるだろう。
 筆者は次期衆院選でれいわは立憲民主党と共産党の票を取り込み、N国は自民の票を取り込むと考える。この二つの政党が合わせて30の議席を獲得した時、野党は再編を余儀なくされるだろう。
nice!(2)  コメント(0) 

N国代表の政見放送 2019年8月2日 [政治]

YoutubeでN国代表で今回国会議員になった人の政見放送や番組を視た。ネットではぼろくそにいう書込が多い。筆者もその一人なのかもしれないが、実際に見てみると考え込んだ。説得力があるのである。そして人を煽動する魔力を秘めている。れいわと並びこの党は一定数の支持を集める。そう感じたのである。だがどの党票を食うのであろうか。れいわは帰省の野党だろう。特に共産や立民。これに対し
N国はどうか。はっきり言ってわからない。しかしこれまで政治に参加しなかった宋が投票する。そういう現象が今度の選挙では起こるかも知れない。
nice!(2)  コメント(0) 

アメリカの仲介案 2019年8月1日 [政治]

「freeze」ということだろう。問題はなんら解決しない。アメリカの意図するところは「頭を冷やせ」というところだろうか。ここに来て中露、そして北が露骨に米韓間の離間戦術を仕掛けてきたことを意識してのものだろう。韓国がGSOMIAの破棄をちらつかせたことアメリカを動かした直接の要因と思う。日本が提起したフッ化水素などの安全保障に関する管理の徹底の韓国への呼びかけが論点ずらしの結果アメリカへのなきつきと安保に大きく影響するカードをちらつかせる韓国。これは日米ともしっかりと認識すべきだろう。日本は今回は最終的に矛をおさめるかもしれないが経済・科学技術協力に関してはこれまでの方針を180度変えるべきと考える。それはパンダハガーがヘゲモニーを握っていたアメリカが中国への方針を大転換したのと同様に。韓国に進出した日本企業の撤退させていくことから始めるべきだ。
nice!(2)  コメント(0)