So-net無料ブログ作成

れいわは立民・共産、N国は自民を食う〜次期衆院選〜 2019年8月3日 [政治]

 N国が先週メディアの注目を浴びた。立花代表が電光石火丸山氏を入党させ、渡辺氏と連携する工作に成功した。泡沫候補と軽く見ていたメディアは瞠目し紙面や番組で大きく取り上げた。一方でれいわは次期衆院選に100人の立候補者を出馬させると宣言し、政権奪取の目標を山本代表が掲げた。
 右と左のポピュリズム政党と大半のオールドメディアは指摘しているが果たしてそれだけでこれらの政党を説明できるとは到底思えない。立花代表は「ポピュリズム政党」だと指摘されて「当然です。大衆に「迎合」するのが民主主義の政治ではないか」と切り替えした。
 さてこの二つの政党は従来投票しない若い世代の投票行動を動かしているとされる。若い世代である。れいわは障害者の掘り起こしもあるだろう。
 筆者は次期衆院選でれいわは立憲民主党と共産党の票を取り込み、N国は自民の票を取り込むと考える。この二つの政党が合わせて30の議席を獲得した時、野党は再編を余儀なくされるだろう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース